捕獲時のARでポケモンとかくれんぼも可能に!?Nianticの凄すぎる最新技術とは

みなさんはポケモンを捕獲する時、「AR」を使っていますか?

「AR」とは【拡張現実】そこにないはずのものが映像として、まるでそこにあるかのように見せる技術です。

ポケモンGOではこのARを使用してポケモンを捕獲することができます。

それはもうポケモンが本当にそこにいるかのような実在感で、ファンにはたまりません。

ポケモンGOのARで、素敵な写真を撮っている方も多く見受けられます。

 

そこじゃない!ちゃんと地面に出現して…

使用したことがある人ならわかるかもしれませんが、電柱や木などの障害物が近いところだとあまり遠近感がなく

「壁や木の上にポケモンが映し出されてしまう」などの問題があります。

しかし、こればかりは限界があるので仕方がないと多めにみられていたARでした。

ARは、そこにあるものが「手前の物なのか」「奥の物なのか」までを認識しません。

だから地面以外のところにポケモンが出現してしまうことがあるのです。

 

ピカチュウが物陰に隠れた!?

ポケモンGOの運営会社Nianticは、よりポケモンたちにリアルを求めるべく、この問題に取り組んできたMatrix Millという会社を買収しました。

Matrix Mill開発の「Monodepth」と呼ばれるテクノロジーで、従来のARでは絶対にありえなかった「障害物を認識する技術」を取り入れるためです。

 

この技術を使用したサンプルを見てみると…

ピカチュウが花壇の後ろに回り込んだり、通行人はピカチュウより手前を歩いたり…

とても遠近感があります。

まるでそこにピカチュウが存在するかのようですね。

ここまでリアルになると、物陰に隠れているポケモンを見つけたり、追いかけっこをしたりもできるかもしれません。

夢が膨らみますね!

今後この技術をポケモンGOに取り入れるのか

現段階ではまだ完全ではなく、ノイズや不整合が出ているようです。

導入については未定です。

ですがNianticは、この技術を取り入れるために動いていることは確かです。

先の話にはなりそうですが、いつかポケモンたちと

かくれんぼや追いかけっこをしてみたいものですね。

AR捕獲のやり方

捕獲画面右上をタップするとARに切り替わります。

周囲の安全をしっかりと確認した上でご使用ください。

 

 

コメント一覧

コメント送信前に利用規約をご確認ください
コメントの内容によって反映までに時間がかかることがあります
この記事への感想、質問、情報提供などみなさまからのコメントをお待ちしております。