伝説レイド「ファイヤー」対策、おすすめポケモン&最適わざ構成

スポンサーサイト

ついに開放された伝説ポケモンとのレイドバトル。これまでに登場しているボスと比べても相当強いので、確実に対策をしていく必要があります。

この記事では、「ファイヤー」の攻略方法をまとめました。

レイド「ファイヤー」の基本情報

卵の色:黒(執筆時点ではタマゴなしで直接登場)
CP:41953
タイプ:ほのお/ひこう
わざ:ねっぷう、だいもんじ、オーバーヒート(いずれもほのおタイプ)

※わざは個体によって変動します。

推奨人数は10人以上

ファイヤーは、伝説のポケモンだけあって簡単に倒すことはできません。トレーナーレベル30程度を基準とし、最低でも10人程度は集めたいところ。

もちろん多ければ多いほど楽に戦えますし、対策に適したポケモンを持っているかどうかによっても状況は異なります。

ファイヤーの弱点

いわ(W弱点)、みず、でんき

おすすめポケモン

ゴローニャ


ほかの伝説バトルでも活躍してくれるゴローニャは、ファイヤー戦でも活躍してくれます。

ファイヤーはいわタイプをWの弱点としていますから、いわタイプの技で編成したゴローニャで戦いましょう。

さらに、ファイヤーのほのお攻撃もしっかり軽減してくれます。

最適技構成

タイプ一致かつWの弱点となる「いわおとし × ストーンエッジ」がおすすめです。

オムスター

オムナイトの進化系であるオムスターは、攻撃力もゴローニャと大差なく、バトルの安定感で上回るポケモンです。

ファイヤーのW弱点となるいわタイプの技を編成することができれば理想ですし、仮にみずタイプの技であっても弱点となります。

いわ/みずというタイプのお陰で、ほのお攻撃をほぼ半減できるのは、ほかのいわタイプのポケモンにはない大きなメリットです。

最適技構成

タイプ一致かつWの弱点となる「いわおとし × いわなだれ」がベストですが、新規にこの組み合わせを習得することはありません。

現時点で可能な組み合わせでは、「みずでっぽう × ハイドロポンプ」、あるいは「みずでっぽう × ロックブラスト」をオススメします。

バンギラス


だいたいの戦いで活躍してくれるバンギラスですが、ファイヤー戦でも同じように活躍してくれます。

いわタイプの技を編成しW弱点をつき、高い攻撃力を活かして削っていきましょう。

そしてもちろん、ほのお技を軽減してくれるのもメリットです。

最適技構成

タイプ一致でいわ技がWの弱点となる、「かみつく × ストーンエッジ」をおすすめします。

シャワーズ


育てやすいポケモンでは、イーブイの進化系であるシャワーズがおすすめです。

みずタイプの技によってファイヤーの弱点をつくことができますし、ほのおタイプの技を軽減してくれます。

イーブイの進化はランダムですが、サンダースやブースターに進化したとしても、ほかの伝説レイドで使用することができますので、たくさん用意しておいて損はないでしょう。

最適技構成

タイプ一致でみず技が弱点となる、「みずでっぽう × ハイドロポンプ」をおすすめします。

そのほかのおすすめポケモン

困ったらみずポケモンを強い順にぶつけていきましょう。
その中でもおすすめは、ほのお技をほぼ半減するキングドラと、用意しやすくステータスが高いギャラドスです。

でんきポケモンは軽減効果がないため優先度は落ちますが、サンダースデンリュウあたりがよいでしょう。

その他のレイドボス対策

レイドバトルの仕様と攻略法まとめ

レイドバトル
ポケモンGOのリリース当初から待望されてきた機能である「レイドバトル」が、つい...
続きを読む

スポンサーサイト

友達に教えてみよう!