レイドボス「カメックス」対策、おすすめポケモン&最適わざ構成

スポンサーサイト

レイドバトルで登場するボスポケモンたち。通常より強いポケモンを相手にすることになりますので、しっかり対策を立てることが必要です。

この記事では「カメックス」の攻略方法をまとめました。

レイド「カメックス」の基本情報


卵の色:黄色
CP:24162
タイプ:みず
わざ:みずでっぽう(みず)、れいとうビーム(こおり)

推奨人数は5人以上

カメックスはレイドバトルの中でもかなり強敵ですので、ほかのボスと比べてハードルが高くなります。トレーナーレベル30以上の5人以上が攻略ラインでしょうか。

もちろん、攻略に適したポケモンを持っているかどうかで状況は異なります。

カメックスの弱点

でんき、くさ

おすすめポケモン

サンダース


比較的入手が簡単なサンダースは、カメックス対策として重宝します。カメックスの技に耐性はありませんが、でんき技で弱点をつくことができます。

攻撃力の高さも、スピードが重要なレイドバトルでは重宝するでしょう。

最適技構成

タイプ一致かつ弱点となる「でんきショック × 10まんボルト」をおすすめします。

レアコイル


でんきタイプではレアコイルもおすすめです。でんき技で弱点をつくことができる上に、こおりタイプの「れいとうビーム」に耐性があります。

こちらも攻撃力の高さは大きなメリットとなります。

最適技構成

タイプ一致かつ弱点となる「スパーク × でんじほう」をおすすめします。
はがね技は軽減されてしまうので注意しましょう。

ナッシー


くさタイプではナッシーをおすすめします。くさタイプの攻撃で弱点をつくことができます。ただし、こおり技の「れいとうビーム」は弱点となってしまいますので、お互いに削り合う展開になるでしょう。みず技の「みずでっぽう」には耐性があります。

最適技構成

タイプ一致かつ弱点となる「タネマシンガン × ソーラービーム」をおすすめします。

ランターン


耐性を重視するなら、ランターンも面白いでしょう。みずタイプの「みずでっぽう」、こおりタイプの「れいとうビーム」いずれにも耐性があります。

攻撃力はそれほど高くないため、優先順位は低くなりますが。

最適技構成

タイプ一致かつ弱点となる「チャージビーム × 10まんボルト」をおすすめします。
みず技では相手に耐性があるので、これ以外の組み合わせでは選出を控えましょう。

その他のレイドボス対策

レイドバトルの仕様と攻略法まとめ

レイドバトル
ポケモンGOのリリース当初から待望されてきた機能である「レイドバトル」が、つい...
続きを読む

関連データ

スポンサーサイト

友達に教えてみよう!

コメントお待ちしております