バンギラス対策にはこのポケモン!ジムバトルを徹底攻略!

スポンサーサイト

金銀ポケモンが本格実装されて以降、その強さが話題となっているのが「バンギラス」です。

バンギラスはどう強いのか、その理由を探るとともに、対処法も考えていきたいと思います。

バンギラスはなぜ強い?

高水準のステータス

バンギラスの特徴は、HP、攻撃、防御とすべてのステータスが高水準で安定している点です。総合値ではハピナス、ラッキーに負けているものの、この2体はHPが突出していることを考えれば、使い勝手の点から言えばバンギラスに軍配が上がります。

もちろん、金銀ポケモン追加前までその強さを独り占めしていたカイリューよりも上です。

耐性が多い

いわ/あくというタイプの組み合わせにより、多くの耐性を獲得しています。HP、防御の高さもありますから、タイプの相性が悪い場合はかなり苦戦を強いられることになります。

耐性(0.8倍):ノーマル、ほのお、どく、ひこう、エスパー、ゴースト

バンギラスに対抗するには

かくとうタイプなどで弱点をつく

ステータスが高く耐性も多い反面、弱点となるタイプも多いのがバンギラスの特徴です。特にダブルの弱点となるかくとうタイプには弱く、かなりのダメージを受けることになります。

さらに、かくとうタイプのポケモンはバンギラスのいわ、あくタイプの攻撃に耐性があります。

弱点(1.56倍):かくとう
弱点(1.25倍):みず、くさ、じめん、むし、はがね、フェアリー

バンギラス戦おすすめポケモン

カイリキー

カイリキーはかくとうタイプのポケモンです。今回のアップデートでかくとうタイプの技の威力が強化され、評価が上がっています。

カイリキーにはもちろん、かくとうタイプのわざを覚えさせましょう。通常技は「カウンター」、ゲージ技は「はくれつパンチ」で、「インファイト」までなら妥協できる範囲でしょうか。

バンギラスだけではなく、ハピナス、ラプラスなどジムバトルで人気のポケモンに対して弱点となる技を出すことができる点も、カイリキーをぜひ育ててほしいと思う理由です。

なお、カイリキーの進化初期である「ワンリキー」は2kmタマゴから孵化するようになりました。入手が用意になっていますので、高個体値を手に入れたらぜひ育ててみてください。

シャワーズ

カイリキーは育てるのに時間がかかります。そんな方におすすめしたいのはシャワーズです。

ステータスも安定している上に、入手しやすいイーブイから進化するため、手軽に入手することができます。

通常技は「みずでっぽう」のみ。ゲージ技は「ハイドロポンプ」の威力が段違いですので、ぜひとも厳選したいところです。

かくとうポケモンなどでバンギラス対策

バンギラスは強敵ですが、対処法がまったくないわけではありません。カイリキーなどのかくとうポケモン、あるいはお手軽なシャワーズを上手に活用して、ジムバトルに勝利しましょう。

関連データ

スポンサーサイト

友達に教えてみよう!

コメントお待ちしております